オランダ保健審議会/科学諮問委員会が適度な
タンニングに好意的な見解を表明


オランダ保健審議会/科学諮問委員会は、屋外の太陽光線やタンニングマシンを使用して、適度に日焼けをすることに問題はないと表明しました。

健康と消費者保護に携わるオランダ保健審議会への報告の中で、科学諮問委員会は、タンニングマシンの使用が皮膚ガンに関わる危険性を高めるとは必ずしも言えないと述べています。
さらに国際がん研究機関 (IARC)が紫外線やタンニングマシンを発がん性のカテゴリー1に分類するという決定に関して、十分な科学的確証に基づいていないことを指摘し、強い疑問の姿勢を示しています。

オランダ保健審議会 科学諮問委員会のメンバーである科学者らは、ビタミンDの生成は90%以上が皮膚でなされ、紫外線を浴びることでそれが活性化されるという、人体への良い影響について解説しています。

※オランダ保健審議会は、オランダの健康分野に関する最も重要な科学委員会です。その研究・発表・助言はオランダで制定される多くの法案の基礎になっています。

※詳細は日本セーフティ・タンニング協会(JSTA)のサイトを参照ください。
http://safetytan.org


イリオス&ブラッキーTOP
(C) J.I Group, Inc.